フレンチブルドッグの飼い方が分かる!特徴や注意点と必要なケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フレンチブルドッグという犬種はどんな犬なのかご存知ですか?

ペットショップなどでよく見かけるフレンチブルドッグですが、どんな性格なのか?飼育しやすいのか?など飼育を検討している人やフレンチブルドッグを好きな人は気になりますよね。

そこでここではそのフレンチブルドッグについてご紹介します。

名前の由来から運動量、食事回数、しつけ方法など詳しく調べました。

このページを読んでフレンチブルドッグにさらに詳しくなりましょう!

目次

1.飼う前に、フレンチブルドッグについて知っておこう
1.1.フレンチブルドッグって名前は誰がつけたの?
1.2.人の心をいやす犬
1.3.毎日の食事の量と回数
1.4.多くを必要としない運動量
1.5.平均寿命は?

2.フレンチブルドッグを飼うときの3つのポイント
2.1.食後の運動はには注意
2.2.しつけは迎えた日からしっかりと
2.3.温度管理を忘れずに

3.フレンチブルドッグとの生活で注意したいこと
3.1.皮膚の病気に注意しよう
3.2.皮膚病以外にもかかりやすい病気
3.3.毎日やってほしいお手入れ

4.フレンチブルドッグに必要なケア
4.1.ブラッシングをしっかりしよう
4.2.皮膚疾患に注意しよう
4.3.口腔ケアは毎日必要

5.まとめ

1.飼う前に、フレンチブルドッグについて知っておこう

ここではフレンチブルドッグについて知ってもらうために名前の由来や、癒し効果、運動量や食事回数や食事内容などの生活スタイルのこと、平均寿命などご紹介します。

今まで知らなかったフレンチブルドックのことや万人に愛される秘密などを詳しく調べてみました。

1.1.フレンチブルドッグって名前は誰がつけたの?

フレンチブルドッグは19世紀のイギリスではブルドッグという犬種がとても合いされていました。

その中でも非常に小さいブルドッグを織物職人がフランスに渡った際に連れて行ったとされています。

そのブルドッグが基になり、パグやテリアなどの犬種との交配により誕生したのがフレンチブルドッグです。

フランスの繁殖家が「ブルドッグ・フランセ(フレンチブルドッグ)」という名前を付けて、繁殖をし始めました。

19世紀終わりになるとフレンチブルドッグは上流階級の人からも注目され、たくさんの人々に愛される愛玩犬となりました。

そのフレンチブルドッグを丁度フランスに来ていたアメリカ人が目をつけてアメリカに持ち帰り繁殖し、フレンチブルドッグの人気は瞬く間に広がりました。

体重はオスメス共に8~14kg未満、体高がオスメス共に28~33cm程の大きさで、日本で言うと中型犬に分類されます。

フレンチブルドッグの人懐こさや飼い主を喜ばせることが好きな性格で現代でも根強い人気を誇っています。

1.2.人の心をいやす犬

フレンチブルドッグは明るく陽気な性格で、人々を癒す犬だといわれています。

表情や行動などで飼い主を喜ばせることが好きで、飼い主に抱かれたりスキンシップも大好きです。

どこかとぼけた表情やしぐさなどに癒される人が多く、フレンチブルドッグの癒し動画なども数多く配信されています。

フレンチブルドッグのオスメスでの性格の違いは個体差により様々ありますが、オスは甘えん坊で少し子供っぽく、性格が落ち着くまでメスより時間がかかります。

メスは活発でマイペース、オスに比べて優し性格の子が多いようです。

オスは縄張り意識が強いためお散歩の時のマーキングや知らない犬を見かけたときに激しく吠えたり、喧嘩になることもあります。

中には喧嘩っ早いメスもいるので個体差はあるようなので、飼育するときは家族の性格とその犬の性格が合うかどうか見極めてから判断したほうがいいでしょう。

1.3.毎日の食事の量と回数

毎日の食事の量と回数は犬の年齢により異なります。

まず子犬(~約1歳程度)の場合は、迎えてからしばらくは前の飼育環境に合わせましょう。

給与量やドッグフードの種類や回数など同じにし、新しい環境になれる1~2週間程度は様子を見ましょう。

生後2~4カ月頃はまだ消化機能が発達しきっていないので食事回数は3~4回程度に分けましょう。

お湯などでふやかし人肌程度に冷まし与えてあげましょう。

生後5~6カ月頃にはふやかさず、1日2回程度にしましょう。

食事量は与えているドッグフードのパッケージに記載されている1日の給与量を守り与えましょう。

子犬のころは体重の増加が激しい時期ですのでこまめに体重を測り給与量を変えていきましょう。

次に成犬(約1歳~)の場合は子犬から成犬用のドッグフードに切り替えるタイミングとなります。

食事回数は1日2回で、ドッグフードを変更したときに給与量を間違えないよう注意しましょう。

また、給与量は間違えていないのにドッグフードを欲しがる場合は1日の給与量は変えずに回数を増やしてあげましょう。

1日2回だった場合は1日3回に、1日3回だった場合は1日4回にできるのであれば変更しましょう。

回数を増やすことで犬の満足度を上げ肥満予防にもつながります。

最後に老犬の場合ですが、成犬用のドッグフードから老犬用のドッグフードに切り替えるタイミングとなります。

食事回数は1日2回で問題ありませんが、一度に多く食べられない場合は回数を増やし小分けにして与えましょう。

歯の状態やその犬の体調に合わせてお湯などでふやかし人肌程度に温め食べやすくして与えるのもいいでしょう。

便秘がちな犬にもふやかして与えることによりフードから摂取する水分量が増加するので効果的です。

どの年齢でも犬の体重をこまめに測定しドッグフードの給与量はしっかり守りましょう。

1.4.多くを必要としない運動量

フレンチブルドッグはたくさんの運動は必要ありませんが、毎日30分程度の散歩は必要となります。

その犬の筋肉のつき方などで運動時間は左右しますので、30分程度散歩をしてあげてその犬に合わせた運動量を模索してあげたほうがよいでしょう。

運動について注意してほしい点は、こまめな水分補給と暑い日の散歩です。

フレンチブルドッグは鼻が短い短頭種です。

通常犬は呼吸で熱を体外へと逃がしますが、短頭種は他の犬と比べて熱を逃がすのが不得意です。

そのため少しの運動でも熱中症や酸欠になりやすいです。

運動のしすぎや、テンションが上がり走り回ってしまうと酸素が体内に上手に取り込まれずに酸欠になって倒れてしまう事もありますので、「まて」「すわれ」などの指示をして休み時間を与えてあげましょう。

熱中症になりやすい犬種しても上位にランクインするので、他の犬種以上に気を付けてあげましょう。

夏場の散歩はコンクリートにも気を付けましょう。

太陽により熱されたコンクリートで肉球を火傷することもあります。

さらにコンクリートからの照り返しで気を付けていても熱中症になることがあります。

散歩する前に必ずコンクリートを触り、温度を確かめてから歩かせましょう。

コンクリートの温度が低い朝早くか、夕方ごろに行くようにしましょう。

1.5.平均寿命は?

フレンチブルドッグの平均寿命は10歳から12歳ほどです。

犬は大型犬より小型犬の方が長寿の傾向がありますが、フレンチブルドッグの寿命はほぼ大型犬と同じです。

フレンチブルドッグと同じ短頭種の犬種と比べてみると、ボストンテリアが13~15歳、パグは12~15歳でした。

他の犬種より少し短く感じてしまいます。

長寿のためには、定期的に動物病院などで健康診断を受けて病気の早期発見早期治療を行う事や、ストレスをあまりかけない、その犬に合った栄養管理をしてあげることです。

フレンチブルドッグがかかりやすい病気は外耳炎や皮膚炎などです。

2.フレンチブルドッグを飼うときの3つのポイント

ここではフレンチブルドッグを飼うときのポイントをご紹介します。

2.1.食後の運動はには注意

ご飯を食べた後の激しい運動は避けましょう。

犬を飼育し始めたころは飼い主も犬も遊びたくて仕方ない状態で、ご飯後すぐに遊びたくなってしまいますが、食後30分から1時間程度は安静にしましょう。

食後すぐに運動すると食べたものを吐き戻してしまったり、胃捻転といった病気になる可能性があります。

犬が遊びたがったり、散歩に行きたがっていても激しく走ったり、ジャンプしてしまうのであればやめておきましょう。

犬が興奮して治まらないようであれば抱っこして動かないようにしてもいいでしょう。

食後もそうですが、水をたくさん飲んだ時も同じです。

2.2.しつけは迎えた日からしっかりと

フレンチブルドッグのしつけは生後4週~13週ごろの社会化期にはじめましょう。

この社会化期は様々な刺激に対して興味を持って接することができる期間で、恐怖よりも好奇心の方が強い状態です。

この社会化期はしつけなどのトレーニングも興味を持って挑戦してくれます。

この社会化期を過ぎてしまうと好奇心より恐怖の方が強くなってしまいます。

できるだけ早い段階でしつけは行いましょう。

この社会化期は犬にとってとても重要で、今後大きな物音や車、人など慣れるための期間です。

ワクチン接種が済むまで散歩はできませんが、抱っこで外に連れ出すことは可能です。

地面には下ろさずに、抱っこして様々なものを見せてあげましょう。

2.3.温度管理を忘れずに

フレンチブルドッグは鼻が短い短頭種なので、口で自分の体の熱を逃がすのが苦手な犬種で、暑さや寒さに弱いです。

そのため夏場は他の犬より気を付けないと熱中症にかかる危険性も高いです。

夏場のお留守番は冷房などをつけて室温の管理を史、ケージは直射日光が当たらない場所へ移動させましょう。

冷房も効きすぎてしまうと体調を崩してしまうので、犬が寒い時はあたたかい場所へ、暑い時は涼しい場所に移動できる工夫も必要です。

3.フレンチブルドッグとの生活で注意したいこと

ここではフレンチブルドッグを飼うときに注意する点をご紹介します。

なりやすい病気やお手入れ方法など詳しく説明します。

3.1.皮膚の病気に注意しよう

フレンチブルドッグは皮膚の病気になりやすい犬種です。

アトピー性皮膚炎や膿皮症などに罹りやすいといわれています。

アトピー性皮膚炎は激しい痒みを伴う皮膚炎で全身を足などを使い掻き毟ります。

そのため毛が抜け、皮膚がただれてしまう事もあります。

食餌や物などのアレルゲンが原因で発症します。

膿皮症は身体に細菌が繁殖することにより痒みやかさぶた、発疹などの症状が現れる皮膚炎です。

不衛生な環境や老化、栄養不良などが原因で発症します。

皮膚炎になると自宅でのケアがとても重要になります。

特に顔周りのシワはシャンプーなどでもしっかり洗うのが難しく夏場やじめじめした季節にはそのシワに細菌が繁殖してしまう事もあります。

そのため、顔周りのケアはしっかり行いましょう。

濡れたコットンやガーゼなどを使用し、シワを広げながら拭き取りましょう。

この時あまり力を入れて拭いたり何度も拭くと傷ついてしまうので注意しましょう。

散歩の後などに顔周りのシワや体のシワなどをチェックしてあげましょう。

シャンプーを行うときはシワの間までしっかり洗う必要がありますが、鼻に水が入ってしまう事があり暴れてしまうとかなり難しいです。

ガーゼなどを使用し、シワの間をしっかり清潔にしてあげましょう。

さらに、シャンプー後はシワの間もしっかり乾かしてあげましょう。

顔に直接ドライあーをかけると目がドライアイになってしまうことがあるとめ、目を手などで覆いシワを広げながら乾かしましょう。

難しいようであれば乾いたコットンなどを使い乾かしてあげましょう。

3.2.皮膚病以外にもかかりやすい病気

皮膚炎以外にかかりやすい病気として、外耳炎や股関節形成不全などがあげられます。

外耳炎は外耳が何らかの原因により炎症が起きている状態で痒みがあるため足で掻きます。

その際に爪などにより外耳に傷がつきさらに炎症が進みます。

外耳炎はこまめな耳掃除で予防、病気の早期発見ができます。

毎日耳掃除を行うと逆に傷をつけてしまう事もあるので1週間に1回程度の掃除にとどめておきましょう。

耳を痒がり耳垢がたくさん出ているのであれば、動物病院を受診しましょう。

股関節形成不全は股関節の溝に大腿骨(太もも)の骨がきちんとはまっていない先天性の病気です。

若いうちは筋肉でサポートされているため問題が現れないことが多いですが、筋肉が衰えると歩けなくなったり、歩くときに痛みが生じることもあります。

お姉さん座りをしている犬は要注意です。

3.3.毎日やってほしいお手入れ

フレンチブルドッグを飼うにあたって毎日やってほしいお手入れは「ブラッシング」、「歯磨き」、「シワのお手入れ」、「シャンプー」などです。

ブラッシングはラバーブラシもしくは柔らかめのピンブラシで行いましょう。

毎日優しく全身をブラッシングすることによりマッサージ効果や、新陳代謝が良くなります。

皮膚の汚れも取れるため、皮膚病にかかるリスクが抑えられます。

次に歯磨きです。フレンチブルドッグは短頭種のため歯並びが悪くなりやすく歯垢も溜まりやすいです。

そのためドッグフードを食べた後はもちろん缶詰や柔らかいものを口にした時は必ず歯磨きを行いましょう。

歯磨きは犬専用の歯磨きでもいいですし、タオルや軍手などを使用してもやりやすいです。

こまめに歯磨きを行い綺麗な歯を保ちましょう。

最後にシャンプーです。

一見短毛種なのでシャンプーしやすいように思いますが、顔周りなどは難しいので慣れることが必要です。

シワはガーゼやスポンジなどを使用ししっかり湿らせてからシャンプーの泡で洗います。

たくさんの量の泡で洗うと鼻や口などに入ってしまうので気を付けましょう。

身体もシャンプーをしっかり洗い流すようにしましょう。

シャンプーの流しの腰は皮膚炎に繋がりますので注意しましょう。

4.フレンチブルドッグに必要なケア

ここではフレンチブルドッグを飼うときのケアについて調べました。

ブラッシングについて、皮膚疾患について、歯磨きについてより詳しくご紹介します。

4.1.ブラッシングをしっかりしよう

フレンチブルドッグは短毛種のためブラッシングなんて必要ないと思う方もいるかもしれません。

しかし、ブラッシングをしっかり行うことで様々な効果が期待できます。

無駄な毛や角質などを取り除くことができ、新陳代謝の向上、マッサージによるリラックス効果などもあります。

飼い主さんとの信頼関係を築く場にもなります。

ブラッシングは適当にやるのではなく全身くまなくやりましょう。

皮膚の状態を確かめながら行うと腫瘍や発疹など小さな状態で発見することができ、病気予防にもつながります。

長毛種に比べて短毛種は換毛期など関係ないためあまり抜けていないように見えますが実は興奮した時などに抜けています。

毎日10分でもいいのでブラッシングを行い、定期的に犬の周りもきれいにしてあげましょう。

清潔な環境で過ごすことが病気予防になります。

4.2.皮膚疾患に注意しよう

フレンチブルドッグは皮膚疾患にかかりやすいので、特に夏場や梅雨時期などジメジメした湿度の高い時期は気を付けましょう。

雨の日に散歩に行った後は身体を乾いたタオルでしっかり拭き取り、特に顔周りのシワには気を付けましょう。

濡れている状態のまま法としてしまうと皮膚疾患にかかる可能性が高くなります。

顔周りのシワは知らずのうちに膿んでしまう事もありますので、シャンプー時、雨の日の散歩の後、水浴びの後などは乾いたコットンやガーゼなどでしわのなかまでかんそうさせましょう。

4.3.口腔ケアは毎日必要

犬は歯周病になりやすく、約60%の犬がかかっているといわれています。

歯周病は歯の周りに歯垢がつき、口の中の細菌などにより歯石となり、その歯石により歯肉が炎症し歯周炎へと進行していきます。

歯石はさらに歯垢をつきやすくし、次第に歯茎が後退していき歯の根元まで歯石がついてしまうこともあります。

歯にこびりついた歯石は動物病院で歯石除去手術を行わないととることはできません。

しかし、歯垢は歯磨きなどで除去することができます。

歯垢が歯石になる前に毎日の歯磨きでケアしていきましょう。

人間に多い虫歯ですが、犬は虫歯になることはほとんどありません。

それは犬の口の中には虫歯菌がいないからです。

しかし、人間が口にしたものを与えたり、同じスプーンなどで与えたりすると人間の虫歯菌が犬に感染することがあります。

過剰なスキンシップや人間の物を与えたりするのは犬の健康のためにも控えましょう。

歯磨きの方法は専用歯ブラシを使用し、磨き歯垢を除去します。

強くこすると出血してしまう可能性があるので優しくあまり力を入れず行いましょう。

犬が嫌がる様であれば無理やり行うと犬が歯磨きを嫌いになってしまうので、タオルや軍手などで顔を撫でながら口の中に入れ、除去する方法もあります。

その犬に合わせて歯磨きの方法を選択してあげてください。

人間では歯を強くするといったら「キシリトール」ですが、犬の歯も丈夫にしてあげたいからといって絶対に与えてはいけません。

キシリトールを犬が摂取するとインスリンを過剰に分泌させてしまい低血糖や肝臓に障害を引き起こす危険性があります。

低血糖になると脱力、痙攣、昏睡状態に陥り、最悪死に至ることもあります。

他にも犬が食べてはいけない食べ物はたくさんあります。

飼育する前に一度目を通しておいたほうがいいでしょう。

5.まとめ

ここではフレンチブルドッグの飼い方についてご紹介しました。

フレンチブルドッグの名前はフランスの繁殖家がつけた名前でした。

イギリスの小さいブルドッグが基となり、フランスで他の犬種と掛け合わせ生まれたのがフレンチブルドッグです。

どこかとぼけた表情と飼い主を喜ばせようとする性格で人々を癒す犬で、フレンチブルドッグの癒し動画も数多くあります。

寝ているだけなのにどこかホッとできる暖かさを持つ犬種です。

食事量と食餌回数は犬の年齢により変化しますがだいたい1日2~3回程度です。

一日の運動量は30分程度の散歩で十分で長時間の散歩や運動などで酸欠など引き起こす危険性もありますので注意が必要です。

その犬の様子を見て運動量を変えていってもいいでしょう。

平均寿命は10~12歳程度で他の中型犬と比べてみると少し短い印象です。

動物病院で健康診断をこまめに受診したり、適度な運動でストレスを貯めないようにしてあげましょう。

フレンチブルドッグを飼うときのポイントは食後遊び、しつけ、温度管理の3つです。

これさえしっかり押さえておけばよりよい生活を送ることができるでしょう。

注意する点は皮膚炎にかかりやすい犬種なので顔周りのシワのケアや毎日のブラッシングなどのお手入れでしっかり予防しましょう。

お手入れの方法としてブラッシング、歯磨き、シャンプーの方法をご紹介しました。

お手入れは毎日行うことでより効果も高まり、皮膚の腫瘍や発疹などにいち早く気づくことができるようになります。

フレンチブルドッグはとても愛らしく昔から評価の高い犬でしたがいまでもその人気は衰えません。

人気は高いですが、しっかり飼育管理をおこなわないといけない犬種です。

しかし、手をかけた分だけ犬は信頼で返してくれます。

フレンチブルドッグと飼い主にとってよりよい生活をおこれることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。