犬の抜け毛を完全対策!抜け毛の掃除法から抜け毛対策とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

犬を飼育し始めたけど抜け毛がすごくて困っている、掃除機を一日に何度もしているなど、犬の抜け毛に悩まされたことはありませんか。

何度も掃除をしてもまた抜け毛が、ブラッシングを何度もしても抜け毛がすごいと掃除も大変で困ってしまいますよね。

実は犬の抜け毛には様々な原因があり、その原因を突き止めれば簡単に対策や予防をすることができます。

ここでは抜け毛の原因や抜け毛対策に実際に多くの飼い主さんが実践している方法などをご紹介します。

季節の変わり目など抜け毛のシーズンは掃除方法やブラッシングの方法などで簡単に抜け毛に悩まされることもなくなります。

ぜひ試してみてください。

目次

1.犬の抜け毛とは?
1.1.『病気やストレスが影響』で引き起こす抜け毛とは?

2.犬の換毛期は年に2回あり、犬種によって異なる
2.1.『上毛オーバーコート』と『下毛アンダーコート』
2.2.『換毛はダブルコートの犬種』に起こる

3.抜け毛が少ない犬種ランキング
3.1.『小型犬』ランキング
3.2.『中型犬』ランキング
3.3.『大型犬』ランキング

4.簡単に出来る抜け毛の掃除法
4.1.基本は『上から下、隅から中央の順』で行う
4.2.抜け毛 『フローリング』編
4.3.抜け毛『掃除カーペット』編
4.4.抜け毛 『洋服/布団』編

5.犬の抜け毛はブラッシングで対策出来る!
5.1.ブラッシングは『古い毛を取り除く以外にも血行促進を促す』
5.2.ブラシには『長毛種、短毛種用』の2種類がある
5.3おすすめは『ファーミネーターとフーリー』

6.まとめ

1.犬の抜け毛とは?

犬と生活していると気づかないうちに毛がそこら中に散乱しています。

犬の抜け毛は体温を保つために行われます。犬は体温調節が苦手な動物です。

そのため毛量を調節し外気に合わせて適切な体温を保てるようにするために毛が抜けるのです。

特に季節の変わり目などは大量に抜けることもありますが、病気ではありませんので心配しなくても大丈夫です。

体温調節以外にも毛は自然に生え替わります。

これは人間同様、毛にも成長期、移行期、休止期のサイクルがあります。

成長期では毛根部分に栄養が補給され毛がぐんぐん成長し、移行期では成長が止まった毛が少しずつ頭皮から離れていきます。

休止期で生えていた毛が抜け落ち、毛根では新しい毛が生え始めます。このサイクルを繰り返しているのです。

最後に自然に毛が抜けるのではなく病気で毛が抜けることもあります。

犬の皮膚はかなり毛が密に生えているために、抜け毛や脱毛なども気づきにくいです。

定期的にブラッシングなどを行い、皮膚や被毛の状態などを確認することで愛犬の体調や病気のサインなどに気づくきっかけになります。

1.1.『病気やストレスが影響』で引き起こす抜け毛とは?

犬も病気やストレスが原因で脱毛や抜け毛などの症状が引き起こされることがあります。

脱毛が症状として起こる主な病気として、皮膚炎や、アレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、ノミ・ダニなどの外部寄生虫の感染による皮膚炎、細菌・真菌などの感染による皮膚炎などがあります。

皮膚炎は脱毛以外にも痒みや皮膚の赤みなどの症状も出てきます。

皮膚炎以外の病気として、ホルモンなどの内分泌疾患による脱毛もあります。

副腎皮質ホルモンに異常よるクッシング症候群、脳腫瘍、副腎腫瘍などの病気、甲状腺ホルモン異常による甲状腺機能低下症、自己免疫性疾患などの病気、性ホルモン異常による卵巣異常、精巣脳腫などの病気などが考えられます。

ホルモンの異常による脱毛は痒みなどを伴わないことが多く、左右対称に脱毛が起こることが多いです。

他にも全体的に毛が薄くなったり、痒くなさそうなのに脱毛が起こることが多いです。

最後にストレスが原因の脱毛があります。

皮膚炎、ホルモン異常などが認められず原因が見つからない場合に診断されます。

抜け方は人間の円形脱毛症によく似ていてその部位だけごそっと毛がなくなっている状態です。

他にもストレスが原因で犬が尻尾などを噛んで毛をむしることもあります。

噛んでむしってしまう場合は皮膚にかみ傷がつき、赤くはれたり細菌感染を引き起こし皮膚炎に繋がることもあります。

2.犬の換毛期は年に2回あり、犬種によって異なる

ここでは犬の換毛期についてご紹介します。

犬種により換毛期や毛の抜け方など変わります。愛犬の抜け方と比べてみてください。

2.1.『上毛オーバーコート』と『下毛アンダーコート』

上毛オーバーコートは、紫外線や他の刺激から皮膚を守る役割を持っています。

太く長い毛でトップコートと呼ばれることもあります。

下毛アンダーコートは、体温を保つ役割を持っています。

短く細い毛で、冬から春に変わり、気温が暖かくなり体温を保つ必要がなくなると、体温調節を行うために抜け落ちます。

犬種によりオーバーコートとアンダーコートを持つダブルコートを持つ犬種と、オーバーコートのみのシングルコートを持つ犬種に分かれます。

一般的にダブルコートの犬は抜け毛が多く、シングルコートの犬は抜け毛が少ない傾向にあります。

しかし、シングルコートの毛は毛玉になりやすい毛質なため定期的なブラッシングが必要となります。

またダブルコートとシングルコートには長毛、短毛の2つのタイプがあります。

2.2.『換毛はダブルコートの犬種』に起こる

ダブルコート長毛犬種

ダブルコート長毛犬種はチワワ、ダックスフント、キャバリア、シェットランドシープドッグ、スピッツ、ゴールデンレトリバーなどです。

ダブルコート短毛犬種

ダブルコート短毛犬種は柴犬、ウェルシュ・コーギー、ラブラドールレトリバー、フレンチブルドッグ、シベリアンハスキー、ジャックラッセルテリアなどです。

換毛期はダブルコートの犬種に起こりますが、シングルコートの犬も毛は抜けます。

毛のライフサイクルで生え変わりますのでブラッシングやシャンプーなどをこまめに行いケアをするようにしましょう。

3.抜け毛が少ない犬種ランキング

ここでは抜け毛の少ない犬種ランキングをご紹介いたします。

3.1.『小型犬』ランキング

1位プードル

小型犬で根強い人気を誇るプードルですが、シングルコートなので抜け毛の少ない犬種として有名です。

とても頭の良いのでしっかりしつけを行えばとても飼育しやすい犬種です。

しかし、毛が伸びるため、こまめなブラッシングと月に一度のカットなどのトリミングが必要になります。

2位ミニチュア・ピンシャー

ミニチュア・ピンシャーも警戒心が強い犬もいますが、なつくととても従順です。

短毛なのでブラッシングなどのケアもとても楽で飼育しやすい犬種です。

3位シーズー

シーズーは愛玩犬として今も人気が高い犬種です。

性格も比較的おとなしいので特に高齢の方に人気が高いです。

丸い顔とくりくりした目が特徴的な可愛らしい顔をしています。

毛はあまり抜けませんが顔から身体まで毛が伸びていくので、月に一度のカットなどのトリミングが必要です。

3.2.『中型犬』ランキング

1位ミニチュア・シュナウザー

ミニチュアシュナウザーは中型犬の中ではかなり人気が高い犬種です。毛が硬く、賢い性格で、筋肉もがっしりついているのである程度の運動量が必要になります。

抜け毛が少ない代わりに、月に一度のカットなどのトリミングと、毎日のブラッシングが必要になります。

2位ビション・フリーゼ

少しプードルに似ていますが、ビション・フリーゼは毛量がとても多いです。

賢く、お利口で、様々なカットができます。

月に一度のカットなどのトリミングとこまめなブラッシングが必要です。

3位アメリカン・コッカ―・スパニエル

たれ耳で大きな耳が特徴的なアメリカンコッカ―スパニエルです。

抜け毛が少なく、毛が伸びるので定期的なトリミングが必要な犬種です。

毛が絡まりやすく毛玉ができやすいので毎日ブラッシングしましょう。

3.3.『大型犬』ランキング

1位スタンダード・プードル

プードルのスタンダードサイズで、体重が30kgにもなる子もいます。

全身がもこもこなのでトリミングにかなり時間と費用がかかります。

抜け毛は少ないですが、毛玉になりやすいのでこまめにトリミングが必要です。

2位ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグ

日本ではあまり見かけない犬種かもしれませんが、オバマ大統領が選んだことで有名になった犬種です。

Silke Hollje-Schumacher -wikipedia.org

聡明で運動などが大好きな活発な犬なので、毎日たくさんの運動量を必要とします。

抜け毛が少なくアレルギーを引き起こしにくいといわれている犬種です。

ウェーブがかった長毛やカールになった被毛で覆われているため絡まりやすく、毎日ブラッシングが必要になります

3位ジャイアント・シュナウザー

シュナウザーのジャイアントサイズで体重30~40kgほどに大きく成長します。

Jurriaan Schulman from en.wikipedia.org

遊び好きで騒がしくやんちゃですが、他人には警戒し家族を守るために攻撃的になる一面もあります。

2,3日に一度はブラッシングは必要ですが、シュナウザーの毛質はわりと固く、直毛なのでプードルなどに比べてお手入れが楽です。

抜け毛が少ない犬種を小型犬・中型犬・大型犬とランキング形式で紹介しましたが、全体的に月に一度の本格的なカットを必要とする犬種ばかりでした。

抜け毛が少ない代わりに毛がどんどん伸びていく傾向がある様です。

本格的なカットとなると、トリミングサロンにお願いしないといけなくなりますので費用もかさみます。

もちろん自宅で行うこともできますが、怪我をすることもあります。

抜け毛が少ないから楽な犬種というわけではなさそうです。

4.簡単に出来る抜け毛の掃除法

ここでは抜け毛の掃除法をご紹介します。

いくら掃除をしてもきれいにならないという方へ、ぜひ試してほしい掃除法です

4.1.基本は『上から下、隅から中央の順』で行う

まずはお掃除の基本からご紹介します。

掃除は「上から下」に掃く、もしくは拭いていきましょう。

カーテンのレールや棚の上、照明器具などにも埃や犬の毛などがついています。

掃除をすると埃が舞い降りて下にたまりますので、上の掃除を行ってから下の掃除を行いましょう。

上の掃除が終わり床掃除に取り掛かる際は「隅から中央」に掃除を行うのが基本です。

隅の埃など汚れを中央に集めることで掃除の効率が格段に良くなります。

埃や毛などは隅に多く溜まります。最初にかき出し取り除きましょう。

4.2.抜け毛 『フローリング』編

フローリングは埃や被毛などが放置されていると偏食や傷などの原因に繋がりますので、定期的にしっかり取り除きましょう。

フリーリングに落ちた毛を掃除する際は最初にドライタイプのフロアワイパーを使用し、毛や埃を除去してから掃除機をかけると効果的です。

掃除機を使うことにより埃や髪の毛が舞い上がりますので、フロアワイパーを使用することで時間が立ってから埃が落ちてきて汚れるということを防ぐことができます。

ちなみに、ドライタイプのフロアワイパーや掃除機だけでは花粉、皮脂汚れなどをきれいにすることができません。

仕上げにウェットタイプのシートを使用するとより綺麗な状態を保つことができます。

しかし、フローリングは水分も汚れや変色の原因になりますので、雑巾などを使用するときはきつく絞ってから使用しましょう。

4.3.抜け毛『掃除カーペット』編

カーペットは小さいゴミや埃などが溜まりやすい場所です。

きれいに掃除したいと思っても掃除機だけではなかなか綺麗になりません。

まずはゴム手袋を使用してみましょう。

ゴム手袋をはめ、カーペットを撫でてみると簡単に犬の抜け毛や小さなごみまで書き集めうことができます。

ゴム手袋を使用する方法は多くの人が実践していて、実際にしよしている動画などもインターネット上でアップされてます。

動画でチェックしよう

次にタワシです。カーペットをタワシで軽くこすることでカーペットの奥に入り込んだ毛や埃などをとることができます。

最後に掃除機です。掃除機をかけるときはカーペットの流れとは逆方向にゆっくりと引きながら吸い取るのが効果的です。

ゆっくりと引きながら掃除機をかけることで奥に入り込んだごみを取り除くことができます。

犬の抜け毛には粘着性のカーペットクリーナーと思いがちですが、コロコロするだけでは表面の毛や埃しかとることができません。

さらに、カーペットの繊維まで取れてしまうのでカーペットが薄くなり、痛んでしまうので、カーペットの掃除には不向きです。

4.4.抜け毛 『洋服/布団』編

洋服や布団についてしまった毛には洋服用の粘着シートやガムテープ、エチケットブラシを使用して取り除く方法があります。

しかし、粘着シートやガムテープは洋服がけば立ってしまったり、痛んでしまう事もあります。

一番簡単な方法は水で濡らした手で洋服を撫でると、毛が取れます。

犬の抜け毛が洋服や布団につく原因として静電気があげられます。

水でぬれた手でなでるとこの静電気を抑える効果もあり、簡単なのでお勧めです。

また、最近では静電気防止スプレーなども販売していますので試してみてもいいでしょう。

5.犬の抜け毛はブラッシングで対策出来る!

ここでは犬の抜け毛対策をご紹介します。

これで犬の抜け毛の季節を快適に乗り越えましょう。

5.1.ブラッシングは『古い毛を取り除く以外にも血行促進を促す』

ブラッシングは犬の抜け毛対策の他に血行促進を促す効果があります。

ブラッシングをすることで抜けそうな毛などを身体から取り除くことができます。

身体から抜けた毛もしくは抜けそうな毛を放置すると、本来であればどんどん新しい毛を生やすための「毛のサイクル」を阻害することになり、皮膚の新陳代謝が悪くなります。

密着している皮膚が蒸れ皮膚炎になることもあります。

ブラッシングを行うことにより、古い毛を取り除き、新陳代謝を良くすることで、皮膚の血流もよくなり、血行促進を促すことに繋がります。

抜けた毛を除去するほかにも、ブラッシングはマッサージ効果もあり、犬がリラックスでき、ストレス解消にもなります。

5.2.ブラシには『長毛種、短毛種用』の2種類がある

長毛種用のブラシ

プードル、ヨークシャテリア、シーズー、ミニチュア・シュナウザー、マルチーズ、シェットランド・シープドッグなどの毛が伸びるタイプの犬種には長毛種用のブラシを使用します。

使用するブラシの種類はスリッカーブラシ、コーム、ピンブラシなどで、毛質などにより変更します。

グルーミング スリッカー ブラシ 長毛種:Amazon

スリッカーブラシは長毛犬種には必須のブラシです。毛が絡まっている時や毛玉などをほぐすこともできます。

毛先が鋭いため、皮膚に直接あたると怪我をすることもあり使用方法にはコツがいるブラシです。

毛が細く、絡まりやすい犬種におすすめなブラシです。

コームお長毛犬種には必須のブラシです。

櫛のようなもので梳いて使用します。

トリミングの時にカットしやすいように毛を整えたり、シャンプー前に毛玉や毛の絡みがないかなどを梳くだけで確認することができます。

小さい毛玉や軽い毛の絡み程度ならコームでとることができます。

ピンブラシは先端が丸いブラシで梳いて使用するものです。

毎日のブラッシングなどに使用します。先端が丸いため、マッサージ効果もあります。

トリミングの際はコームで梳かし、毛玉などの部分にスリッカーブラシを使用し、またコームで梳かしを引っかかりがなくなるまで繰り返します。

短毛種用のブラシ

チワワ、柴犬、ダックスフンド、パグ、フレンチブルドッグ、ビーグル、ラブラドールレトリバーなどの毛が伸びない犬種には短毛種用のブラシを使用します。

使用するブラシの種類はスリッカーブラシ、ピンブラシ、獣毛ブラシ、ラバーブラシなどで毛質などにより変更します。

ラバーブラシ短毛種犬 猫 :Amazon

スリッカーブラシは柴犬やダックスなど短毛種の中でも毛が多い犬種に使用します。

用途は一緒で毛玉や毛の絡んでいるときに使用します。

ピンブラシはトリミングの時より自宅でブラッシングを行うときに使用します。

これも柴犬やダックスフンド、チワワなどの毛が多い犬種に使用します。

しかし、毛先が丸いのでパグやフレンチブルドッグなどの毛が短い犬種にもマッサージとして使用することもできます。

獣毛ブラシは獣の毛で作られたブラシで毛の汚れや抜け毛を取り除くためのものです。中には毛艶を良くする効果のあるブラシもあります。

ラバーブラシはゴム製のブラシで、パグ、フレンチブルドッグ、ビーグル、ラブラドールレトリバーなどの短毛犬種におすすめのブラシです。

毛を取り除くことができ、手にはめるタイプの物もあり撫でるだけで簡単に使用することができます。

しかし、ゴム製なので使用しすぎると毛を痛めることがあるので、使用頻度には注意したほうがよさそうです。

5.3おすすめは『ファーミネーターとフーリー』

短毛種用のブラシ

ファーミネーターの特徴として短毛種用と長毛種用があり、ステンレス刃が健康な毛はそのままに、抜け毛や抜けかかっている毛のみを取り除くことができる抜け毛の悩みを解消する便利なプロツールです。

ファーミネーター 小型猫 S 短毛種用 :Amazon

軽く梳かすだけで90%の抜け毛除去率を誇り、取れた毛はワンプッシュで簡単に捨てられます。

持ち手の部分も握りやすい構造になっていて楽に使用することができます。

値段はだいたい通信販売の利用で4700円ほどです。短毛種用も長毛種用も同じ値段です。

使い方は普通のブラシ同様梳かすだけです。掃除機が必要になるほどの量の抜け毛が取れます。

購入時の注意点としては類似本があるので注意しましょう。

見分け方として、模造品はエッジが不揃いで先端の加工がおこなわれておらず尖っていない、グリップの突起部分が最後までそろっていないなどの違いがある様です。

19秒に1本売れているフーリー

フランス発のヨーロッパを中心に19秒に1本売れているペット用ブラシです。

フーリー (FoOlee) ペット用ブラシ:Amazon

特徴として、持ち手には2種類の素材を使用し抜群のフィット感を、刃の部分には高耐久・高硬質なステンレス材を使用し、抜け毛だけを確実に除去する特殊な刃を使用し、さらにブラッシングの負担を軽減するデザインを採用し作られたブラシです。

サイズはS、M、Lの3種類あり、犬の大きさに合わせて購入できます。

値段はSサイズが6372円(税込)、Mサイズは7452円(税込)、Lサイズは8532円(税込)です。

使い方は普通のブラシと同様で櫛のように梳かすだけです。抜け毛などがごっそり取れます。

購入時の注意点としてシングルコートの犬種やシングルコートの猫種には使用できませんので、注意しましょう。

6.まとめ

ここでは「犬の抜け毛」についてご紹介しました。

犬の抜け毛の原因はいくつかあり、自然抜抜ける以外にも病気で毛が抜けることがわかりました。

人間と同じようにストレスを感じて脱毛を起こすこともあります。

犬には換毛期があるダブルコートや毛がどんどん伸びるシングルコートの犬種がいて、ダブルコートのほうが抜け毛は多いですが、シングルコートの犬種は定期的なトリミングサロンなどでものカットが必要になります。

抜け毛が多いから飼育しずらいというわけではなく、掃除方法やブラッシングなどのケアをしっかり行えば特に大変ではありません。

「ファーミーネーター」や「フーリー」などを使用すれば、ダブルコート特有の換毛期も快適に過ごすことができます。

犬の抜け毛で掃除に悩んでいたり、ブラッシングのブラシなどに悩んでいる飼い主さんは是非試してみてください。

犬と飼い主さんに快適な生活を送るために掃除方法やブラッシングのブラシを参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。